勝負の時

実際にノートPCの前に座って、リアルタイムで動いているレートを見ると、何やら売り買いをしなくてはいけないという感情に駆られる状況も少なくありません。

 

でも、はっきりしない直感で取引するのは間違ってもしてはいけません確かに、相場は年中いかなる時でもどこかで為替市場は開かれているし、レートもどういう時でも変化しています。

 

しかしながら、エントリーをしているとそれだけでマイナスになる危険が高くなってしまいます。

 

確かに売り買いの数を重ねることによって、次第に勝つ可能性が50%、50%になっていくのは事実です。

 

でもこれは「ぼんやりとした勘でエントリー」とは話が違います。

 

取引回数を重ねる事の意味は自分自身が「ここは!」と思いついた機会を得た場面での売買回数を重ねるという事を言っています。

 

特段の理由も無く、連続して注文を経験するのとは大きく異なります。

 

マーケットの駆け引きにi挑むには、自分が考えてけじめをつけることが必要です。

 

「ここで勝負」と感じた外国為替市場の時には迷わず所持ポジションを増やして、徹底的に儲けを狙います。

 

「明らかに悩ましいマーケットで、どう上下するのか読めないな」と感じたならば、保持ポジションをひとつ残らず閉じて放置します。

 

それくらいのメリハリをつける方が、最終的には売り買いは勝てます。

 

相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったくその通りです。

 

為替取引とは常にポジションを保有する事がすべてではなく、ポジションを持たずに静観していることもまた取引です。

 

それでは、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

 

ひとつめは、先述の通り、今の相場展開がよく見えない時。

 

どちらにいくのか明確でない時は、何も考えず行動すると、自分自身の思ったシナリオとは逆の方向に外国為替市場が変動してしまい損をする事になります。

 

だから、こうした状況ではポジションを閉じそのまま何もぜずに静観を決め込むのが最善の策です。

 

もうひとつは、自分の体の具合が変なときです。

 

健康状態と外国為替市場に関係がない思う投資家もいるだろうが。

 

実際にはかなりつながりがあります。

 

健康状態があまりよくなければ外国為替相場の決断しなければいけない状況で、落ち着いた決断が難しくなります。

 

関心がわかない時は相場から距離を置くことも大切な事です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 勝負の時
  2. うちの実家の内装