いたずらに増やしてもうまくいかない

実際にパソコンのディスプレイの前に座り休むことなく変動している相場を眺めていると、注文をしなくてはいけないという抑えようのない気持ちが生じる方も少なくないと思います。

 

だがしかし、あやふやな考えで売り買いをするのだけは、絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、相場は終日、休みなくいずれかの為替相場が関いているし、相場もいつでも、変化しています。

 

そうであっても、闇雲に注文をするとそれだけ損失を被るリスクが上がります。

 

当然の事ながら、注文の回数を増やすことによって結果的に勝ち負けの確率か半々になっていきます。

 

でもそれは「なんとなく感覚で売買」してしまうこととは別問題です。

 

注文回数を積み重ねるというのは、自分自身が「ここで勝負」と思いついた自信を得られたケースでの売り買いの回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ、ひっきりなしに注文を積み重ねるのとは大きく異なります。

 

市場の勝負に敗北しないためには自分が考えてメリハリをつけることが大事だ。

 

「ここがチャンス」と感じた市場の時には、迷うことなくポジションを買い増して覚悟を決めて利益を追求します。

 

「ちょっと悩ましい外国為替市場でどう変化するのかわからないな」と感じたならば潔く諦めて売買ポジションをすべて諦めて何もしない。

 

それぐらいのけじめをつけた方が注文はうまくいくものだ。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

まったく言葉どおりです。

 

外国為替相場とは、いかなる時でも売買ポジションを所持する事が重要ではなく、売買ポジションを所持せず静観していることも状況によっては、外国為替相場です。

 

そうであるならば、どういう場面で休めばよいのだろうか。

 

第1に考えられるのが、先述の通り、直近の外国為替相場が今ひとつ分からない時です。

 

そこからどちらにいくのか判断できない時は考え無しで行動すると、自分で書いた物語とは逆に外国為替相場が変動してしまい損をする事になります。

 

だから、そういう場合はポジションを無くして何もしないで静観しているのが最良の選択です。

 

2番目に、自分自身の健康状態が変なときです。

 

コンディションとマーケットに関係しないと考える投資家もいますが実は考えている以上に関係があります。

 

体の状態が思わしくなければ、外国為替市場の重要な場面で必要不可欠な決定が出来ない場合が多くなります。

 

関心がわかない時はトレードから距離を置くことも大事な事です。